ドバイのスタバは世界一美しい!?リアルな感想とアクセス方法

前回ドバイを訪れた際はHISの格安プランを利用したのですが、その時に渡されたパンフレットの中に、「ドバイにある世界一美しいスタバ」と書かれた写真がありました。

すっかり心惹かれた私たちは、パンフレットと同じような写真を撮るべく、息巻いて突撃!

この記事では、ドバイにある世界一美しいスタバについて、その実態とアクセス方法を実体験交えてご紹介します。

これから「世界一美しいドバイのスタバ」に行こうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1 世界一美しいドバイのスタバってどんなところ?

じゃじゃん!!

こちらが、世界一美しいドバイのスタバです。

このスタバは、イブンバットゥータというショッピングモールの中にあります。

ブルジュ・ハリファやドバイモールからは少し遠く、パームジュメイラという有名なリゾートが近いです。

イブンバットゥータモール内にはスタバが3軒あるのですが、「世界一美しい」スタバがあるのは、ペルシャ・コートと呼ばれるエリアです。

他にも、中国コート・インドコート・エジプトコートなど合計で6つのエリアがあるので、間違えないように気をつけて下さいね!

なにせ幅が1.3キロもある巨大モールなので、間違えてウロウロしてしまうと、めちゃくちゃ疲れます。笑

1.1 世界一美しいドバイのスタバ・リアルな感想

さて、改めてこちらの写真(加工なし)を見てどうでしょうか?

確かに美しいんです!

モールの中とは思えないくらい、天井が高く、豪華絢爛な装飾が施されています。

中東らしいブルーとゴールドの色使いも、ドバイならではのスタバといった感じで素敵です!

でもドバイって、このレベルの豪華さが割と標準というか…笑

ドバイモールやブルジュ・ハリファを想像してもらうと分かると思うんですが、どこへ行ってもドーン!バーン!と豪華絢爛でアピールが凄いんです。

なので、ここにたどり着くまでにすっかりドバイ標準に慣れてしまっていた私は「あ、こんなもんなのね」とプチガッカリを体験することに…(^^:)

 画像:dubaionline

また、写真だとここのスタバが独立して仕切られたスペースにあるように見えますが、実際は通路上のオープンスペース。

モール内の通路が交わる十字路が吹き抜けになっていて、その部分に設置されているんですね。

だから、すぐ向かいにはABCマートみたいな庶民的な靴屋さんがあったり、あかりも煌々と照らす蛍光灯みたいな明かりだったり。

どうしてもザ・ショッピングモール感を拭いきれない感じ。

日本でいうと、お台場にあるビーナスフォートが雰囲気近いです。

というわけで、たしかに美しいんですが、「世界一」レベルの美しさを期待して行くと、ちょっぴり物足りないかもしれません。というのが、私の正直な感想。

ただ、ネットで調べてみると、「綺麗!」「豪華!」「美しい!」という声もたくさんあるので、感じ方は人それぞれですね(^^;)

ちなみに、お客さんは、おそらく同じようにHISの情報でやってきているのか?

日本人のお客さんが多い印象でした。

イブンバトゥータモール 基本情報
・営業時間
日〜水曜:10:00〜22:00
木〜金曜:10:00〜24:00
・公式HP
https://www.ibnbattutamall.com/en

2 世界一美しいドバイのスタバ 撮影方法

 画像:HIS

思ったよりは普通感が否めないスタバでしたが、せっかく来たからにはHISのパンフレットみたいな「世界一美しいスタバ」写真が撮りたい!!

ここのスタバで美しい写真が撮れることは、先人達によって証明済みです。

上手いことアングルや色彩を調整することで、とってもゴージャスで美しいスタバ感が演出できるはずっ!

私と友達も、アングルを何度も調整しながら撮影にチャレンジしました!

実際にやってみて分かった写真を撮る時のポイントは、天井が映るように出来るだけ低い位置から撮影すること!

ここのスタバは天井の装飾がとっても綺麗で特徴的!

写真の見ためを華やかにしたいなら、この天井をしっかりフレームに入れ込むべきです。

…なんですが、ここの天井は吹き抜けになっていてものすごく高いんですよ…。

だから、天井と人を一緒に写すためには、出来るだけ低いアングルから撮る必要があるんですね。

もしくは魚眼レンズを使って広角に写すというのもアリですね。多分、HISの写真も魚眼レンズ使ってます。

ちょっぴり恥ずかしかったですが、せっかく来たんだからと頑張ってみましたよっ!

結果、撮れた写真がこちら。

すみません。これが限界でした!笑

敗因は全身を写そうとしたこと。

全身入れようとすると、天井が入らない!天井を入れると首から上しか入らない!

…というジレンマが発生し、最終的には諦めて縦の構図で撮りました。

後ほど、改めてHISの写真をみて納得!モデルさんたちは後ろ姿で首上だけ映っているではないですか。

ううーん、上手い!

皆さんが行った時は、HISの構図を丸っと模写するのをオススメします。笑

3 世界一美しいドバイのスタバ アクセス方法

前述のように、世界一美しいスタバがあるイブンバットゥータモールは、ブルジュ・ハリファやドバイモールのあるエリアからは少し離れた場所にあります。

タクシーで行くという手もありますが、今回は安上がりにメトロで行く場合のルートをご説明しますね。

出発地は仮に、メトロのエアポート・ターミナル3駅としましょう。エアポート・ターミナル3は、日本からエミレーツ航空でいった場合に到着するターミナルです。

エアポート・ターミナル3駅と、イブン・バットゥータモール近くのイブン・バトゥータ駅は、ドバイ・メトロ レッドラインで一本です。

レッドラインと書かれた電車に乗ったら、そのままイブン・バットゥータ駅まで直通なので簡単ですね。

所要時間は、約1時間けっこう遠いです…(^^;)

ただし、ここで注意点。

ドバイのメトロは、2018年初め頃から、2020年に開催されるドバイEXPOのために大規模な工事が行われています。

そのため、2019年1月現在、メトロの終点がDMCC駅(旧ジュメイラ・レイク・タワー(Jumeirah lake tower)駅)になっています。

代わりに、イブン・バトゥータ駅までは、DMCC駅から無料シャトルバスが出ているので、それを利用するようにしましょう。Exit2を出るとバス乗り場があります。

イブン・バットゥータモールは、メトロのイブン・バトゥータ駅の目の前!

無料シャトルバスでついた場合も、モールの入り口目の前に降ろしてくれるので迷うことはないと思います。

最後の難関は、広いモールの中でもペルシャ・コートのスタバを見つけること!

なんですが…、具合のいいことに、バス&電車乗り場に一番近い入り口からモールに入ると、そこがペルシャコートなのです。

その入り口から入ったら、ただまっすぐ進むだけ!

そうすれば、お目当のスターバックスへたどり着けます。

ちなみに、イブンバトゥータは、パームジュメイラのエリア近くに位置しているので、パームジュメイラ方面へ行くついでに立ち寄ると効率的に回れると思いますよ!

3 世界一美しいドバイのスタバで手に入るマグ・タンブラー

さて。

世界一美しいドバイのスタバで手に入るマグやタンブラーは、どんなものなのでしょうか?

結論からいうと、ここの店舗もドバイの他の店舗も、売っているマグやタンブラーは同じです。

 画像:fahmianhar

タンブラーは、白地に「Dubai」という文字と建物がうっすら描かれたもの。

日本で売られているものに比べると、意外とシンプルですね!

アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)バージョンと、お隣の連邦・アブダビ(Abu Dhabi)バージョンも一緒に売ってました。

お値段は、52ディルハム(約1,540円)でした。

マグはこちら。

落ち着いた色合いでありながらもカラフルで可愛い!パームジュメイラとか、ブルジュ・ハリファの絵柄が入ってますね。

このマグは「You are here シリーズ」というらしいです。

お値段は、63ディルハム(約1,860円)でした。

※2019年1月時点での情報です

4 まとめ

いかがでしたか?

私は世界で一番美しいイブンバトゥータのスタバに実際行ってみて、ちょっぴり残念な部分もありましたが、海外旅行ってこういう経験も含めて面白いですよね。

どれくらいのガッカリ具合か、皆さんも実際に行って確かめてみてください。笑

以上、おしるこでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク