【にじいろジーン】北欧の港町で食べる絶品シーフードと世界No.1に輝いたチーズ

2019年6月15日放送の「にじいろジーン」では、ノルウェーのベルゲンが深堀リサーチされました。

実は、あの「アナと雪の女王」のモデルともいえる街でもあるんです。

そんな舞台ともなったベルゲンにはどんなところがあるのでしょうか。
雑誌では出てこないスポットが多いので、普通の観光とは一味違う楽しみ方が出来そうですね。

司会-
山口智充 :
ガレッジセール

レギュラー:
飯豊まりえ
川島壮雄(関西テレビアナウンサー)

1 世界遺産ブリッゲン

ハンザ同盟のドイツ商人が建てた木造建築が並ぶ地区で、色とりどりの可愛い建物が多いのが特徴です。

2 食の宝庫フィッシュマーケット

ノルウェーと言ったら、やっぱり海産物は外せませんよね♪

見て下さい、この肉厚なノルウェー・サーモン!とても美味しそうですよ!

この綺麗なさしの入った脂が口の中で溶ける食感を思い出すだけでもう涎が止まりません…

また、ノルウェーでは家庭の味とも言える位、一般的に出回っているヨーロッパイチョウガニ。

日本ではあまり馴染みがありませんが、これも普通に美味しそうですよね♪
日本酒の熱燗とかを食べ終わった後に注いで…なんてのもいいかも知れません♪

3 世界遺産の中で食べれるシーフードレストラン

実は世界遺産でもあるこのブリッゲンの建物の中でシーフードを食べる事ができるんです♪

この写真の建物の2階にあるシーフードレストランの「エンヨーニンゲン」。

300年前に造られた民家を改装して作ったこのお店は、既に36年間も経営されているそうです。

店内も古民家とは思えないほど、綺麗でおしゃれな内装になっていて気分もあがりそうですね。

肝心のお食事はというと、少々お値段は張りますが、こちらの「サーモンのオーブン焼き」は超!肉厚でジューシなんです!

これまた見ているだけで涎が止まりませんよね!

4 船でしか行けない完全予約制のレストラン(CORNELIUS)

もう雰囲気だけでお腹いっぱいになっちゃいそうなこのお店は、ベルゲンから船で約30分程かけて行ける場所にあります。

勿論、完全予約制なので、船に乗る前に予約はしておきましょう。

店内から見た風景がこちら。

都会の喧騒から離れて、優雅なひと時を過ごせそうです♪

しかも、当然と言えば当然の事かもしれませんが、当日使われる食材はその日に水揚げされた活きの良い魚だけ!

これまた肉厚感が半端ないですね。。

掛かっているソースもとてもマッチしてそう♪

5 世界一の称号を得たゴーダ・チーズ(ファナオスト)

去年2018年に、チーズ職人国際コンテスト「ワールド・チーズ・アワード」で第一位を獲得したこの「オステゴードン」が作るゴーダチーズ「ファナオスト」。

僅か12頭からしか取れない乳から作るこのチーズ。

牧草も1種類ではなく12,3種類のもの牧草を混ぜ合わせているそうです。

その優勝したというこのチーズは歯ごたえがシッカリしていて味に深みがあるそうです。

6 ノルウェー名物「ヤギのブラウン・チーズ」

これまた美味しそうなチーズが出てきました!

しかもこちらのお店、ただチーズを売っているだけではなく、去年からスリル満点のアクティビティが用意されたようです。

それは…

怖そうだけど、とても楽しいそうです!

晴れた日だとこんな素敵な虹と出会える事もあるそうです。

勿論、到着した先に待ち受けるのはチーズ工房!

ジップラインを楽しんだ後は、ゆっくりチーズを楽しめるという仕組みのようです♪

以上、おしるこでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク