ロンダのヌエボ橋を下から眺める写真撮影スポット

スペインの南部にある断崖絶壁の街・ロンダ。ロンダで一番人気の観光スポットといえば、言わずと知れた ヌエボ橋 です。

高さ98Mもあるヌエボ橋を上手に写真におさめたいなら、やっぱり下から撮るのが一番!というわけで、こちらの記事では、ヌエボ橋を下から写せる絶景写真スポットをご紹介します。

下からあおるような迫力ある写真を撮って、みんなに自慢しちゃってください♡!




1 ヌエボ橋を下から写す 王道スポット:西の原野

ガイドブックなどでよくみるヌエボ橋の写真は、西側の原野から写されたものがほとんどです。織田裕二主演の映画「アンダルシア 女神の報復」で撮影に使われていたのも、西の原野でしたね。

ヌエボ橋から見ると、西側は崖と原野、東側はロンダの街、という地形。

そのため、ロンダの崖の上感が強調される西側が、写真映えする王道スポットになっています。

さらに、ヌエボ橋の西側の崖には、「パラドール・デ・ロンダ(ホテル)」をはじめとする、真っ白なホテルやレストランが崖っぷちギリギリに建っているんです。

日本のような地震の多い国では絶対ありえない…!

西の撮影スポットへの行き方

① パラドール・デ・ロンダを背にしてヌエボ橋に立つ
② ヌエボ橋を渡って、1つ目の道を右へ
③ ホテル・モンテリリオを通り過ぎる
④ 小さな噴水のあるMaría Auxiliadora広場にでる
⑤ 広場の右手 崖側に下へ降りる階段と坂道をおりる

María Auxiliadora広場から10分ほど下ると、坂道の途中に少しひらけている場所があります。そこが、目的の撮影スポット!!みんなも撮影してるからすぐに分かりますよ。

撮影スポットには柵など何もないので、写真を撮る時は足元に注意してくださいね!

ちなみに、高所恐怖症の連れはすっかり怖がってしまって、端まで行けず…。それくらい高さがあってワイルドなスポットです。

坂道はさらに下まで続いていますが、体力的にも景色的にもここで撮るのがちょうど良いと思います^^

帰りは登りなので、広場まで20分くらいかかりました。

2 ヌエボ橋を下から写す 穴場スポット:東の街並み

こちらは、反対の東側。

ヌエボ橋の東側にはロンダの街並みが続いています。

崖になっているのは橋の西側なんですが、東側もヌエボ橋の下を流れるグアダレビン川に沿って、するどい峡谷になっているのが分かりますよね!

西側からとは、また一味違った迫力ある写真になりました。

東側に比べて人も少ないので、ゆっくり写真が撮れる穴場スポットです!

東の撮影スポットへの行き方

① パラドール・デ・ロンダを背にしてヌエボ橋入り口に立つ
② ヌエボ橋を渡らず、左手の細い道 Calle Rosarioに入る
③ パブ bbcopas のある1つ目の角を、右に曲がる
④ 1つ目の角を、また右に曲がる
⑤ 右手前方に、美しいヌエボ橋が拝めます♡

ここは川沿いがちょっとした公園になっていて、ゆっくり景色を眺めるのにぴったりです。美しいヌエボ橋も上から下までバッチリおさまります!

また公園を川沿いに南に下って行けば、もう1つの有名な橋「ビエホ橋」や、歴史ある「アラブ浴場」などがあります。

ちなみに、街中は舗装された石畳ですが、けっこう急な坂道なので足にきました…笑

3 ロンダのヌエボ橋を下から写すベストショットは?

一番のおすすめスポットは、西側の原野からのショット!

いかにもロンダといった感じの写真が、バッチリ撮影できるでしょう♩

ですが、西の原野への道はあまり舗装されていない上に、急な坂道。体力に自信のない方は無理して行かない方がいいかも…。

さらに柵などもなく、土がサラサラしているので、滑りやすい靴はやめておきましょう!(ビーチサンダルで来ているヨーロッパ系の方もいましたが、真似はしない方がいいです…落ちたら命に関わる…)

時間のある方は、ぜひロンダ観光と合わせて、東側からのヌエボ橋も撮影してみてくださいねっ。

以上、おしるこでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク