ロンダにあるスペイン最古の闘牛場

スペインにはマドリードやバルセロナなど、国内各地に闘牛場があります。

スペインといえば、格好良く牛と戦うマタドールを一番に思い浮かべる人もいるかもしれません。

実はアンダルシア地方にある崖の上に立つ街ロンダにも、立派な闘牛場があるってご存知でしたか?

有名なヌエボ橋はもちろん、ロンダに行ったら闘牛場も忘れずに観光してください!

1 ロンダ闘牛場の歴史

ロンダ闘牛場は、1785年完成した歴史ある建物で、スペインでも最古の闘牛場の1つ!

現在はスペインの非営利法人 Real Maestranza de Caballería de Ronda(RMC) が所有しています。RMCは1572年から続く組織で、フェリぺ二世の命令により、騎馬隊の軍事教練のための組織として始まったそうです。

スペインには数々の有名な闘牛士がいますが、その中でも凄腕として知られているのが ペドロ・ロメロ。彼の出身地が、実はロンダなんです!

ペドロには、生涯で5,558頭の闘牛と戦い、一度も重傷を負うことなく引退を迎えたという伝説があります。

彼の家族は闘牛士一家で、乗馬なしで闘牛する今の闘牛スタイルは、彼の祖父が始めたものでした。

「着衣のマハ」などの作品で有名な、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤが、連作「闘牛士ペドロ・ロメロの肖像」を描いていることからも、当時の彼の活躍ぶりが伺われます。

ロンダでは、いまだにべドロ・ロメロにちなんだ料理を出しているお店があったりと、町中で親しまれているようでした!

2 ロンダ闘牛場の基本情報

季節ごとの営業時間や、入場料は以下です。

営業時間:
1、2月 10:00-18:00
3月 10:00-19:00
4〜9月 10:00-20:00 *
10月 10:00-19:00
11〜12月 10:00-18:00
*9月の闘牛イベント日を除く

入場料:
7.0ユーロ、8.5ユーロ(オーディオガイド付*)
*ドイツ語、スペイン語、フランス語、 英語のみ

2.1 闘牛場

闘牛場の直径は66メートルで、2階建ての観客席にぐるりと囲われています。観客席は美しいトスカーナ様式の柱でできた、アーチになっています。

ぱっと見は簡素なのに、どこか惹きつけられる…。漂う気品を感じます。

闘牛場はサラサラの黄色い砂に覆われていて、中央に立つと想像以上の絶景!!スペインの青くて高い空とのコントラストが、非常に気持ちよかったです。

ちなみに普段は闘牛を見ることは出来ません。

闘牛を観たい場合は、9月のお祭りの時期に遊びに来ましょう〜!

2.2 博物館

闘牛場の一階席の下は、闘牛博物館になっていて、闘牛やロンダの歴史に触れることができます。

観客席の4分の一ほどの広さを使って展示されているため、結構な広さ!じっくり観たら1時間くらいかかっちゃうんじゃないかな…?

先ほどもご紹介した闘牛士ペドロ・ロメロについて知ることができたり、スペイン画家ゴヤの作品を観ることも出来ちゃいます。

個人的に興味深かったのが、闘牛ポスター!闘牛を観に来てください〜という、宣伝ポスターですね。

それぞれの年代ごとに特徴があったり、クスッと笑えルものがあったり、芸術的でクリエイティブ!!

さすがゴッホを育んだ土地(ゴッホは同じアンダルシア地方のマラガ出身です)という感じ。観ていて全く飽きません。

また、当時の乗馬服や馬具なんかも、豪華絢爛で見応えがあります。

セビーリャにもロンダ闘牛場のような、歴史ある闘牛場があるのですが、こんなに展示は充実していないそうです。ロンダ闘牛場だからこその魅力ということですね。

闘牛場についた、ただのオマケと侮るなかれ!!

2.3 ギャラリー

王立乗馬クラブのギャラリー。王立って…!

こちらには当時の軍服や武器、絵画などが展示されています。

2.4 その他

他にも、パドックやカフェテリア、チャペルなど、小さい町の闘牛場と甘く見ていたら、いい意味で裏切られる充実度でした!

3 ロンダ闘牛場へのアクセス

 画像:minute

ロンダ闘牛場は、ロンダの街の西端に位置しています。

・駅からは徒歩約10分
・バスターミナルからは徒歩約5分

絶景が拝めると有名なヌエボ橋からも、2ブロックの位置です。

4 ロンダ闘牛場のまとめ

✔️ スペインでも最古の闘牛場の1つ
✔️ めっちゃ美しい景色がみられる、闘牛場の中央に立つべし!
✔️ 牛さんには基本会えません
✔️ 博物館ナニコレ!?レベル高い!!
✔️ ヌエボ橋からも2ブロックで、近い

最初は私も、闘牛場にあまり興味が湧かなくて…

闘牛場って写真でみると、あまり華やかでもないし、心惹かれなかったんですよね。

ただせっかく来たから〜と軽いノリで入ってみたら、びっくりするくらい美しい景色に、繊細な建築、工夫の凝らされた博物館…と盛りだくさん!

来てよかった〜と心底思いました!!

なので、せっかくロンダに来たら、ヌエボ橋だけでなく、ぜひ闘牛場にも足を運んでみて欲しいですね。これからロンダに行く人のご参考になれば幸いです。

▼ヌエボ橋についてはこちらの記事も要チェック
ヌエボ橋を下から写す写真撮影スポット

以上、おしるこでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク