フランス

パリで「バトビュス」に乗ってみよう!乗り場や料金、営業時間を徹底解説!

パリの観光を検索したり、本を読んだりしていると「セーヌ河クルーズ」って必ずでてきますよね。

でも「セーヌ河クルーズって、ランチとかディナー付きのツアーの紹介ばかりで、そんなに豪華ゃなくてもなぁ?」と思っているみなさん!

今日はお手軽にクルーズ気分が楽しめちゃう「バトビュス(BATOBUS)」を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1 そもそもバトビュスとは

バトビュスはとは、セーヌ河を使ってあらゆる観光スポットへ行ける、観光客向けの交通手段の1つです。

乗り降り自由で、食事付きクルーズみたいにドレスコードもないので、気軽な感じで簡単にクルーズ体験ができてしまいます!

停留所は9つの主要観光スポットに存在し、どこでも乗り降りできる水上バスのような乗り物です。

 

バトビュスの素晴らしいところは、1枚のチケットを買えば何回でも乗り降りできてしまうという点!

予約も不要ですし、運行間隔も20~25分おきくらいに出ているので、思い立ったら乗れちゃいます。

しかも、船からパリ市内の風景を楽しめてしまうなんて…。

ああ、なんて便利なんでしょう!笑

まさに、観光客向けの乗り物ですよね。みなさんも乗ってみたくなってきましたか?

では、実際に乗る時のお話をしましょう(^-^)

2 バトビュスの乗り場

さきほど9つの乗り場がありますとお伝えしましたが、実際にどこの観光スポットにあるか早く教えて!と思っていますよね。

地図を見ていただけるとわかると思うんですが、セーヌ川沿いって観光名所がとても多いんです!

その9つの観光スポットとは、ずばり!

①ルーブル美術館
②コンコルド広場
③自由の女神像
④エッフェル塔
⑤オルセー美術館
⑥サンジェルマンデプレ
⑦ノートルダム大聖堂
⑧パリ植物園
⑨パリ市庁舎

この①から⑨の順番で、各観光スポットをぐるぐると周遊しています。

なんと豪華な観光スポット達なのでしょう!!とても魅力的ですよね!

どんどん乗りたくなってきませんか?お天気のいい日に乗ってる姿を想像していませんか?笑

乗り場は、各観光スポットからセーヌ川沿いにまっすぐ歩いていくと見つかります。

ただ看板はそんなに大きくないので、「Batobus」という文字の看板を目印に探すと見つけやすいと思います。

最新情報は、こちらの公式HPもチェックして見て下さい。

では気持ちも盛り上がってきたところで、行く前にチェックしておきたい料金や所要時間などご案内します!

3 バトビュスの料金

チケットは、9つの停留所にあるチケット売り場で購入できます。

気になる料金体系は、ご覧の通りです!

《バトビュス券》…大人 ( 子供 3~15才)/ 3才未満無料
・1日券 17ユーロ ( 8ユーロ )
・2日券 19ユーロ ( 10ユーロ )(※)
・1年券 60ユーロ ( 38ユーロ )

(※)2日券は”連続した2日間”扱いとなるため、日を跨いで使う事はできません。

正直1日券と2日券は、2ユーロしか変わらないので、パリに2日以上滞在する予定があるのなら、最初から2日券を買うのがオススメです!

料金の支払いについては、現金だけでなくクレジットカード(※)も利用可能です。
※Visa,JCB,Master,American Express

 

ちなみに、「パリ・アラカルト」というチケットを買うと、ロープントゥール(パリ市内の見所を巡る、乗り降り自由の2階建てオープントップバス)と、バトビュスの両方に乗ることができます!

バトビュスだけでなく、ロープントゥールにも自由に乗りたいという方は、こちらのチケットを利用するのも一つの手ですね。

《パリ・アラカルト券》大人 ( 子供 4~15才)/ 3才以下無料
・2日券 47ユーロ ( 21ユーロ )
・3日券 51ユーロ ( 21ユーロ )

4 バトビュスの営業時間

バトビュスの営業している時間は、季節によって下記の通り変更となるので注意する必要があります。

2019/04/19~2019/09/01:10:00~21:30
2019/09/02~2019/11/03:10:00~19:00
2019/11/04~2019/12/19:10:00~17:00(※)
※週末の金、土、日曜のみ~19:00
2019/12/20~2020/01/05:10:00~19:00

バトビュスは1周約2時間程で、運行間隔も20分~25分おきくらいに頻繁に出ています。営業時間内であれば、気軽に利用できちゃいますね。

また、停留所には、次にくる便の時間が表示されていますので、観光する時間の目安として参考にするといいと思います…。

が!よく遅れてきたり、早くきたり。笑

なので、あくまでも参考程度にして、余裕ある時間配分で観光をお楽しみください!

5 バトビュスの乗り方

乗り方と言っても、そんなに難しいことはありません。

購入したチケットを見せるだけ大丈夫です!

また降りる時も、船着き場に着いたら自由に降りて問題ありません。

乗船するために並んでいる列がある場合もありますが、降りる方も多いので、次の便を待たないといけないことはあまりありません。

6 バトビュスに乗る時の注意点

バトビュスに乗るときには、1点注意してほしいことがあります。

それは、荷物の重量制限

うっかりやってしまうかも知れないので、頭の片隅に入れておくようにしてください。

もちろん、ハンドバックやPCバック、小さいバックパックは可能なのですが、容量が16リットルを超える大きな手荷物は持ち込みができなくなりました。

旅行に来ていて、そのままスーツケースを持って行ったりすると乗船できませんので、気をつけてくださいね!



7 バトビュスを利用しない方がいいケース

ここまで読んで頂けたら、既に当たり前の情報かも知れませんが、以下に該当する場合はオススメできません…。

・1区間の移動にしか使わない方
・1日の遅い時間帯に少ししか使わない方
・豪華なクルーズを想像してるい方
・食事もできるクルーズがいい方

8 まとめ

いかがでしたか?

観光客にとって、バトビュスはとても魅力的な交通手段だとお分かりいただけましたでしょうか。

豪華クルーズなどは、ディナー付きやランチなど企画ツアーがありますので、そちらでご予約されることをお勧めいたします!

みなさまのパリ旅行が、思い出に残るものになりますように(^-^)